検索
  • 二子渉

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」


今日はけっこう嬉しいことがありまして。




ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。



でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。



ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままでいられるここちよさがえられるのは、もうわかってる。そういう人は既に結構いる。



でもパートナーをはじめ、もっと深く一緒に生きる人とどうつながりを作っていくのか。そうしようとしたときに何が起こって、どうしたらいいのか。そこをこんなに詳細につかんで伝えているものを、僕はGFLの他に知らない。



このことを、体験的に深く理解してくれているメンバーが増えてきているのを感じられた今日。




うむ。しみじみうれしい。


ほんと世界中の人が知ったらいいのにと思う。

のでがんばります。




#GFL Generating a Field of Love

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕「おお、今は大切な人として扱われている気がする。」 桂子「そういうけれどさ、いつもそのつもりなんだよ。それなのになんか、奴隷のような扱いとか言われるとすごく心外なんだよね。」 みたいなところから始まった本日の対話。 ことの発端はこういうこと。 サポート&インターンの人が誰もいない時に、特に夕食後、ごく限られた時間の間にやることがたくさんあって、僕がそれを一手に引き受けてるわけなのです。 桂子さん