top of page
検索
  • 二子渉

あとからでも伝えるといいこと

我が家は最寄りのスーパーまで10kmくらいで、東京人と札幌人の夫婦としてはかなり遠く感じるんですよ。


夏は車で10分程度、冬だと雪道で20分くらいかかる。


体調不良が続いた桂子さん(を含めた我が家)を助けるため、お義母さんがスーパーで買い物をしておいて、僕がそれを取りに行く、というふうにしてくれる時がかなりあります。

これがほんとありがたい。


で、今日もそういう話になりまして、「わたるちゃん、あとで取りに行って」ってことになったわけ。


わたる「わかった〜。それならビアソーセージ切れるから欲しいな」

けいこ「(お母さんはそれ)わかるかなあ。」

わ「写真送っておいたよ」

け「写真転送するのけっこう手間なんだよね。」

わ「(え〜〜、俺、そんな扱い??と思いつつ言わない)」


みたいなことが昼間にありました。



***



夜、桂子さんが寝る前の時間(僕より早い)、たいてい僕らはその日の愛と感謝を伝えあう時間を持ちます。ほんの1、2分ですけどね。


それでひとしきり伝え合ったあと、桂子さんが「あ、そうだ、もう一つ言わなきゃって思っていたのがあった」っていうわけ。


何かなと思ったら。


「昼間、ソーセージ買って欲しいってわたるちゃんが言った時に、とっさにいい答えができなかったのがそのあと引っかかっていて。

あんな風に言ってしまうことがあるけれど、わたるちゃんのことが大切だし、ほんとならもっと優しいことばで応じてあげたいって思ってる。

でも今日みたいに、うまくできないこともあって・・・、ごめんね。」


「ええ、そうなのね!わざわざありがとう。感動する。」


「今回はこうして言えたけれど、もっと優しくできていたらよかったなあ、って思って、そのままいう機会なく終わってることもけっこうあるんだよ。」


「そうなんだ!昼の時は確かにちょっとショックを受けてたんだけれど、今こうして言ってくれてとてもいい体験に変わった。ありがとう。」


っていうやりとりをしました。



もっと優しくできていたらよかったなあ、って思って、そのままいう機会なく終わってることもけっこうある。

それをこころを開いて語ってくれているのを聞けて、僕もとてもあたたかい気持ちになったし、なんていうんだろ、希望を持ったというか、何かが癒えたというか、ちょっと世界がシフトしたように感じたのでした。


おしまい。



(写真はなんとなく1/2の美しかった朝食。桂子さんち風のお雑煮を作ってくれた。)


閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カップルセラピーに必要な転移/逆転移の理解

GFLに基づくカップルカウンセラーの養成を計画しているんですけれど、マニアックな心理セラピスト歴が長い僕としてはこれ考えるのがすごい楽しいんですよね。 で、考えているうちにいろんなことが湧いてきてアウトプットしたくなる。 今日はそういう投稿。 心理的な支援をするときに、アーリートラウマを扱う時は特になんだけれど、転移/逆転移についての理解や扱いがとても重要な鍵になります。 転移っていうのは狭義には

Commentaires


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page