検索
  • 二子渉

あなたのままでいい、、、のか

更新日:8月27日


「わたしのままでいいんだ、と思えました」

「このままの私で愛されるんだと納得しました」


GFLの場に触れた人が、しばしば伝えてくれる感想。

これってなかなかパワフルな気づきなんですが、でもレクチャーの時にしても個人のプロセスを扱っているときにしても、僕が直接参加者さんに「あなたはあなたのままでいいんですよ」とか言うことは、全くと言っていいほどありません。

GFLを学んで体得していくほどに、「ああ、このままのわたしで居さえすればいいんだな」と腑に落ちていきますが、それは「あなたのままでいいんです」と伝えられることによってではありません。

もし僕がそんなこと言われたら、なんか押し付けがましく感じるだろうし、証拠見せてみろよとか思いかねないです(笑)。

そう思いません?僕がひねくれているのかな。

***

じゃあ実際どうなのか。


「あなたはあなたのままでいいのか?」


僕自身としては、「あなたがあなたのままであること」が、言い換えると自分がほんとうの自分であろうとし続けることが、誰かと共に生きていくためにはむしろ不可欠だと捉えてもいます。 いまのところ、関係性を深めながら生きていくなら、それ以外の選択肢はないっていう仮説なのです。

GFLの場に長く触れているほど、そのことを自分で確認できていく機会が増えていきます。

実際にいろいろ学んで取り組んでいくと、いやぁ、ほんとうにそうだなって実感していく。

***


それは主に、あるものをただ、「ある」と見ることによって。

そして、ないものをただ、「ない」とみることによって。

自分の中にある気持ちを、ないことにしない、とか、 自分の中にある気持ちを、ちゃんとあることにする、とか、 相手の気持ちはきっとこうだ、と想像するのではなく、 たとえば「絶対嫌ってるでしょ」と想像するのではなく、 実際に尋ねてみたら「嫌っている」はなかった、と知る、とか。

ほんとうはどうなのかを知り続けること。

真実の世界に触れ続けるということ。

GFLではよく、「真実は癒す」と表現していたりします。


***


「あなたはあなたのままでいいのです」って押し付けられるわけじゃなくて、 自分の中にあるものをちゃんとあることにしたら、関係性が改善した、みたいな経験を実際に積んでいくことによって、「ああ、本来のわたしの姿で居ればいいんだな」と知っていくことになる。

これは、それぞれが自分で経験して納得していくところにこそ、意味があると思うの。

だから僕としては、「あなたはあなたでありさえすればいいと知ってるよ。でも自分で確かめてみて。ここにその道があるから。」って思っているのでした。

僕にできるのはその道を示すこと。

***

ここからはおしらせ。 こういうことを学んでいるのがGFLの半年講座です。 いいなと思ったら、是非いらしてください。 半年講座無料説明会はこちら

(写真は近所で撮った最近の夕焼け)


閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「