検索
  • 二子渉

あの時のあなたとは違う人になってしまった、とき

更新日:8月27日

人間はいろんなきっかけで、ずっと成長していく。


ペースに個人差はあるし、ある時期成長していないように見える時もあるだろうし、なんならどんだけ大変な状況に追い込まれても成長しない方にがんばることもあるかもしれないけど、基本的には成長していくのだと思うのです。



だから、「あの時のあなたとは違う人になってしまった」っていうことが起こる前提を持っていないと、ずっと一緒に幸せに生きていくことはできない。知らないうちにうんと溝ができてしまうカップルも少なくないです。



逆に、お互い変化していくことを前提にしていて、だからこそその都度現在地点をあかしあっていくことが、ずっと一緒に生きていく道を拓くことになる。




私、自分についての新しい発見があるの!

っていうことをその都度二人で喜び合う意図を持つというか。



そうやってずっと一緒に幸せに生きていく道がここにあります。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「