検索
  • 二子渉

あの時のあなたとは違う人になってしまった、とき

人間はいろんなきっかけで、ずっと成長していく。


ペースに個人差はあるし、ある時期成長していないように見える時もあるだろうし、なんならどんだけ大変な状況に追い込まれても成長しない方にがんばることもあるかもしれないけど、基本的には成長していくのだと思うのです。



だから、「あの時のあなたとは違う人になってしまった」っていうことが起こる前提を持っていないと、ずっと一緒に幸せに生きていくことはできない。知らないうちにうんと溝ができてしまうカップルも少なくないです。



逆に、お互い変化していくことを前提にしていて、だからこそその都度現在地点をあかしあっていくことが、ずっと一緒に生きていく道を拓くことになる。




私、自分についての新しい発見があるの!

っていうことをその都度二人で喜び合う意図を持つというか。



そうやってずっと一緒に幸せに生きていく道がここにあります。



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「次のブッダはコミュニティの形をとってあらわれる」

たしかティク・ナット・ハン師が「次のブッダ はコミュニティの形を取って現れる」というようなことをおっしゃっていたと思うの。 最近それがとても実感されるんですよね。 僕はてっきりパートナーシップのことを熱心に伝えてきていたつもりだったのですが、実際にはコミュニティが出来上がってきている。 お互いがトラウマ反応からではなく、自分の良質な部分から関わり合う社会が、そういう文化圏が、僕の周りにはすでにけっ

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」

今日はけっこう嬉しいことがありまして。 ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。 でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。 ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままで