検索
  • 二子渉

あーちゃんです。よろしくお願いします。

更新日:8月27日

これからもしょっちゅう登場するであろう、うちの娘。

名前がないのは不便だな、でも本名じゃなくてもいいよなと思いまして。



あーちゃんです。よろしくお願いします。



胎児の時に仮で呼んでいた名前なんだけれど、これはこれでしっくりくるんですよね。


昨晩くらいから、ぐんと生命力が上がったような、前の日までよりも激しく長く泣くことが出てきました。


お腹すいている時はけっこう明らかにサインを出してくれるんだけれど、理由がわからない時ももちろんあります。



それで、


「あーちゃん、お父さんとしてはあーちゃんが快適に過ごせるように、できることをわかってやってあげたいなって思っているんだけれど、わからなくてうまくできない時もあるみたい。そのことに僕も胸が痛むし、ごめんね。

それはそれとして、この様子を見ると、なんだかすごく生命力に溢れてきたな、元気になっているな、って少し嬉しく思ったりもするんだよ」


って話しかけたりしています。



GFLでいう「裏表のないコミュニケーション」。


彼女に僕の真実を明かす、彼女の前で真実の僕で在る、そういう実践。



閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「