検索
  • 二子渉

生後3ヶ月、夕焼けについて語り合った日

更新日:8月28日

Facebookが、「その気持ち、シェアしよう」っていうからシェアするけどさ、おとーさん、幸せだったよ、この時(ちょうど生後3ヶ月の日でした)。


言語を獲得していなくても、こんな時期からこころの震えを表現しようとするものなのだなあって感動したの。音声ONにして見てみて。



最近、言語はもちろんまだだけれど、よくしゃべるあーちゃん。表現したいことがたくさんある、、ようにみえる。その時々でいろんなおしゃべりをしている。


この日は初めて夕日も見てみた。そのあとの夕焼けもとても美しかった。



「その気持ちを、ことばを用いずに表現してみてください」



そんなふうに言われたら、このあーちゃんみたいに答えるのかもしれない。これ聞いてて、「あーちゃん、ほんとそうだよね」って言いたくなっちゃったわたくし。

そう思いません?




閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「