検索
  • 二子渉

それを「小さなこと」と呼ばせるな

更新日:8月27日

自分と他人との境界線に課題を抱えている人は多いなあと感じます。

 この自立と境界線のテーマだけの単発セミナーもやってるくらいに、なんというかポピュラー(笑)で奥深いテーマなんだけれど、境界線を考える時に重要なことの一つが、「人の内面は本人にしか観察できない」という事実。



たとえば「絶対怒ってるでしょ!?」とか「あなたはは私のことが嫌いなんだと思います」って言われた時に、「ん、そうなのかな」と立ち止まって事実かどうか確かめられるのは、自分だけ。


自分で自分の中を見て、「確かに怒ってるね」って確認するかもしれないし、「いや、見えてる範囲では怒っているわけじゃないな。怖がってはいる。」とか確認することになるかもしれない。


でも重要なのは、自分の内面を他人に決めさせないこと。自分の内面を自分で見て、軽やかに断言したらいい。机の上に鉛筆は1本だけある、って事実をただ記述するみたいに。


ここを疎かにすると境界線が崩れることになるのでした。



***



それでね、それに関連して。



「そんなこと大したことじゃないよ」「そんな小さなことで」みたいな言葉もそうなの。


別の人にとって大したことじゃないことでも、あなたにとってどうかは、あなたが感じ取ること。


あなたが確認して、あなたにとって大きな痛みがあるなら、それがほんとうのこと。

誰がなんと言おうと。


他のAさんにとっては「ちっぽけなこと」かもしれない。でもそんなことはあなたには関係ない。


あなたが何に痛みを感じるのか、あなたにとって何が「大したこと」なのか。

それがあなたのたましいの個性をあらわしているし、それは軽く扱わないであげて。



閲覧数:82回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「