top of page
検索
  • 二子渉

ゴジラ新作と、戦争のトラウマ

密かにものすごく評判がいいゴジラー1.0を見てきました。


ホンモノがわかりそうなこの人がこんなに高評価つけてるのか、みたいな情報をいくつも見かけて気になってたんですけれど。



すごかったです。


なんか、いいことばがみつかりませんが、すごかった。



終戦直前から始まり戦後すぐの世界を描いていくんだけれど、なんていうんだろ、「日本人はあの戦争をまだ全然総括できていない」といわれている第二次世界大戦を、こんな形で総括するやり方があったのか、みたいな気持ちになったんですよね。


時々書いているように僕は、日本人はまだまだ集合的に、あの戦争のトラウマを抱えていて、その影響がいたるところにあると捉えているのです。


で、この映画は、まあ実際には「総括」というのとは違うかもしれないんだけれど、日本人が集合的に抱えているその敗戦のトラウマを癒す祈りになっていた。


戦争当時に集合的に抱えていた未熟さが、さまざまな悲劇を生んできたけれど、その奥にある人々の真の命の輝きを、ひとつひとつホコリを払って見つけ出して、暖かい陽のさす窓辺に並べていくような、そんな映画だったと感じました。



ここまで読んで気になっちゃった人は、絶対見に行った方がいいですよ。僕もまた見にいきたいもん。


設定もストーリーもすごく良かったし、前半はゴジラの怪獣としての恐ろしさがものすごくて、これは会っちゃった人はそれだけでトラウマになるわなあと感じました。


そういうなんというか、ほんと色んなレイヤーでよくできていた。




最新記事

すべて表示

Comentarios


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page