top of page
検索
  • 二子渉

シングル歴と、きちんとする防衛の関係

パートナーが欲しいのにシングル歴が長い女性が、そこから抜け出すのが難しい理由の一つに、アーリートラウマの「きちんとする防衛」の働きがあります。


「きちんとする防衛」が働いている時には、自分を否定する、自分を責める、ということが起こる。


なので記事の最初にはっきりいう必要があります。



「あなたは悪くない。」



すべきことを出来なくても、あなたは悪くない。それだけの事情があった。

あなたが許せる美しさやかわいさに達していなくても、あなたは悪くない。


悪くないと言われても、自分を責めてしまうなら、今はそれでオッケー。


まずはこの、「こんな私じゃだめなんだ」「こんな私だからダメなんだ」と、ダメ出ししたりディスってくる、不当な採点官がいるっていう構造にただ気づいてください。

その声は、評価は、真実じゃない。


***


きちんとする防衛が強いと、もうひたすら内にも外にもダメ出しすることになります。


パートナーシップについて学んでも、このダメ出しシステムがうるさくて、うまく活かせないっていうことが起こる。


ダメ出ししているあなたが悪いんじゃなくて、ダメ出ししてるシステムがこころの中にある、って見抜いて解除していく必要がある。そこはあなた自身のために、意思の力を振り絞る必要がある。

あなたが悪いんじゃなくて、バグってるシステムがある。


女性にとって、男性パートナーができない時にすごく影響があるのが、女性性の傷つきなんだけれど、これも基本的にはきちんとする防衛が関わっています。


その性別のネイチャーを発揮することに対して、なんらかすごく否定的なことを言ってるシステムがある。こころの中に。

これを解除していく必要があります。


***


きちんとする防衛が強いと、ほんと何につけても否定的な意見がすぐにでてきます。


きちんとする防衛が強くない人は、大抵のことにとくに否定的な意見を持ちません。


何に対してもマル・バツつけようとするシステムがあったら、それ自体、傷ついてボロボロな状態だということを教えてくれてるのです。


まずはその自覚から。


そして、それを変えていくこと、癒していくことを、自分に許してあげてください。




最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page