top of page
検索
  • 二子渉

ハグ、そして自分で自分に触れる効用

シングルの人にもぜひ読んで欲しいんだけれど。


我が家では桂子さんが寝るタイミングで、ハグの時間を持っています。

現在、桂子さんが僕より3時間くらい早く寝るんだけれど。


20秒以上のハグがいろいろすごいっていう研究がありまして、僕は特に身体的に触れ合うことから愛情を受け取れるタイプ(妻はそうでもない)なので、僕の希望でそうしてもらってて。


5秒でも10秒でもなく20秒って言われているんですよね。


それによって、愛情ホルモンのオキシトシンが増加するとか、ストレスホルモンのコルチゾールの減少が著しいとか、いろいろ効果があると言われている。

そうなるともちろん、自律神経系が整うので、あらゆる病気からも守られることになる、ってね。


僕の体感としても、10秒経ったくらいからぐぐぐぐって何か高まってくる。

そして20秒くらいになるとかなり満たされる感じがあります。


ハグや身体接触好きな方には激烈おすすめです。


***


で、最近(2021年)の研究で、コロナとかもあるしハグが危険だったり不安だったりするじゃないか、ということで、自分で自分に触れたらどうなのかっていうのがあります。


それで自分で心地よいと思える場所に手を当てて、20秒触れておく、2、3回深呼吸して、暖かさや手の圧力を感じるようにする、っていうことの効果を測定した。


そしたら、他人のハグよりも、自分でのタッチの方がさらに効果的だった、っていう結果になったそうです。


この研究はパートナーのハグとセルフタッチの比較じゃないけれど、シングルの人やパートナーとこじれている人にはなかなか朗報だと思うんですよね。


そして直感的にも、ああ、そうかもねって納得感があります。


ちなみに実験の参加者さんはなぜか全員、右手を心臓のあたり、左手をお腹に置いたそうです。

これ僕もそうしちゃいそうだなって思う。


おもしろいですよね。


ということで、可能な人はぜひパートナーと20秒のハグを。

そうでなくてもぜひ、20秒のセルフタッチを味わうことがおすすめ。


やってみた感想などあったらぜひ聞かせてください。




最新記事

すべて表示

カップルセラピーに必要な転移/逆転移の理解

GFLに基づくカップルカウンセラーの養成を計画しているんですけれど、マニアックな心理セラピスト歴が長い僕としてはこれ考えるのがすごい楽しいんですよね。 で、考えているうちにいろんなことが湧いてきてアウトプットしたくなる。 今日はそういう投稿。 心理的な支援をするときに、アーリートラウマを扱う時は特になんだけれど、転移/逆転移についての理解や扱いがとても重要な鍵になります。 転移っていうのは狭義には

Comments


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page