検索
  • 二子渉

パートナーがいないことのアドバンテージ

更新日:8月27日

こういう仕事をしていると、欲しいけれど今はパートナーがいない、ということを負い目に感じてる方によくお会いします。

でもね〜、僕の経験からすると、そういうときはアドバンテージたくさんあります。

GFL的にその時期に取り組めることがたくさんあるし、そこで取り組んでおくほど、次に出会うパートナーがよりドンピシャな人になるわけ。

GFLの認定講師だったりでたっぷり関わってくれている人で、かつてパートナー居なかった人は、例外なくパートナーがいなかった時期にすごくいい取り組みをしてきた。

それがあって、そのあととっても話の通じる相手に出会ったわけなの。

この時期にできることって、


・自分のことをよく知ってあげること ・自分の真実とともにある在り方を身に付けること ・自分の真実の気持ちを語れるようになること

・相手と共にいる在り方を身につけること

・反応的になった時に気づく力をつけること ・そういうときに相手のせいにしない在り方を身につけること ・そういうときに自分のことを見ていく力をつけること

・男女の性質の違い、魂の性質の違いを知って活かす力をつけること


などなど、こういうの全部、パートナーがいない時にどんどん身に付けられる。

実践しないことには身についていかないけれど、それはパートナーができてからすることじゃあない。

ほんとのほんとに好きになっちゃった人じゃない人のほうが、失敗を恐れずに練習できる。 同僚や上司・部下だろうが、お店の店員さんだろうが、誰とだって練習できる。 すっかりこじれたパートナーと取り組むことを考えたら、ずっと楽に自分に取り組めるし。

今がチャンスですよ。 いい人に出会いたかったら。

パートナーいない人だけのグループ作るといいのかなあ。



(昨日の日没直前の玄関のドアが美しかった)



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「