top of page
検索
  • 二子渉

パートナーがいないことのアドバンテージ

更新日:2022年8月27日

こういう仕事をしていると、欲しいけれど今はパートナーがいない、ということを負い目に感じてる方によくお会いします。

でもね〜、僕の経験からすると、そういうときはアドバンテージたくさんあります。

GFL的にその時期に取り組めることがたくさんあるし、そこで取り組んでおくほど、次に出会うパートナーがよりドンピシャな人になるわけ。

GFLの認定講師だったりでたっぷり関わってくれている人で、かつてパートナー居なかった人は、例外なくパートナーがいなかった時期にすごくいい取り組みをしてきた。

それがあって、そのあととっても話の通じる相手に出会ったわけなの。

この時期にできることって、


・自分のことをよく知ってあげること ・自分の真実とともにある在り方を身に付けること ・自分の真実の気持ちを語れるようになること

・相手と共にいる在り方を身につけること

・反応的になった時に気づく力をつけること ・そういうときに相手のせいにしない在り方を身につけること ・そういうときに自分のことを見ていく力をつけること

・男女の性質の違い、魂の性質の違いを知って活かす力をつけること


などなど、こういうの全部、パートナーがいない時にどんどん身に付けられる。

実践しないことには身についていかないけれど、それはパートナーができてからすることじゃあない。

ほんとのほんとに好きになっちゃった人じゃない人のほうが、失敗を恐れずに練習できる。 同僚や上司・部下だろうが、お店の店員さんだろうが、誰とだって練習できる。 すっかりこじれたパートナーと取り組むことを考えたら、ずっと楽に自分に取り組めるし。

今がチャンスですよ。 いい人に出会いたかったら。

パートナーいない人だけのグループ作るといいのかなあ。



(昨日の日没直前の玄関のドアが美しかった)



閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page