検索
  • 二子渉

パートナーがいないことのアドバンテージ

こういう仕事をしていると、欲しいけれど今はパートナーがいない、ということを負い目に感じてる方によくお会いします。

でもね〜、僕の経験からすると、そういうときはアドバンテージたくさんあります。

GFL的にその時期に取り組めることがたくさんあるし、そこで取り組んでおくほど、次に出会うパートナーがよりドンピシャな人になるわけ。

GFLの認定講師だったりでたっぷり関わってくれている人で、かつてパートナー居なかった人は、例外なくパートナーがいなかった時期にすごくいい取り組みをしてきた。

それがあって、そのあととっても話の通じる相手に出会ったわけなの。

この時期にできることって、


・自分のことをよく知ってあげること ・自分の真実とともにある在り方を身に付けること ・自分の真実の気持ちを語れるようになること

・相手と共にいる在り方を身につけること

・反応的になった時に気づく力をつけること ・そういうときに相手のせいにしない在り方を身につけること ・そういうときに自分のことを見ていく力をつけること

・男女の性質の違い、魂の性質の違いを知って活かす力をつけること


などなど、こういうの全部、パートナーがいない時にどんどん身に付けられる。

実践しないことには身についていかないけれど、それはパートナーができてからすることじゃあない。

ほんとのほんとに好きになっちゃった人じゃない人のほうが、失敗を恐れずに練習できる。 同僚や上司・部下だろうが、お店の店員さんだろうが、誰とだって練習できる。 すっかりこじれたパートナーと取り組むことを考えたら、ずっと楽に自分に取り組めるし。

今がチャンスですよ。 いい人に出会いたかったら。

パートナーいない人だけのグループ作るといいのかなあ。


#GFL Generating a Field of Love

(昨日の日没直前の玄関のドアが美しかった)



25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「次のブッダはコミュニティの形をとってあらわれる」

たしかティク・ナット・ハン師が「次のブッダ はコミュニティの形を取って現れる」というようなことをおっしゃっていたと思うの。 最近それがとても実感されるんですよね。 僕はてっきりパートナーシップのことを熱心に伝えてきていたつもりだったのですが、実際にはコミュニティが出来上がってきている。 お互いがトラウマ反応からではなく、自分の良質な部分から関わり合う社会が、そういう文化圏が、僕の周りにはすでにけっ

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」

今日はけっこう嬉しいことがありまして。 ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。 でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。 ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままで