top of page
検索
  • 二子渉

両親は仲の良い男女だったか

少し前に夫婦で取り組んでいた、ネガティブな現実創造の絡み合いがひと段落つきまして、その意味で少し穏やかな日々になっています。(ちなみにGFL認定講師の @道下 にカップルセッションしてもらったりしています。)穏やかだし、愛情あるやりとりの回数がだいぶ増えた。



それですごく感動的なのがね。



僕ら夫婦がラブラブにしている(大好き全開でくっついたりしてる)ところを、あーちゃんに見せると、すごいニコニコになるんですよ。


それがまた幸せなので、わざわざ「あーちゃん」って呼びかけて、こっち見たところでまたくっついて見せたりして、それでも毎回ニッコニコになる。



両親が仲のよい姿を見て子どもが幸せに感じるのは、当然と言えば当然だけれど、少なくとも僕の実家ではそんな場面はなかったし、そんな場面がないご家庭は日本ではかなり多いと思います。



みなさんのご実家ではどうでしたか。お子さんを持っている方は、ご自身たちはどうでしょうか。



1歳にもなっていない子どもでも、こんなにはっきり感じ取っている。


この子の将来のパートナーシップ観にもすごく影響しているんだろうなって思うのでした。




子どもたちが、明らかに仲がいい、あるいは明らかに愛し合っているとわかるようなカップルを両親に持てますように。


そんな世界をこれからも作っていけますように。



そしてそんな願いを持つ人たちが、つながって進んでゆけますように。



これからもおとーさん、がんばりますよ〜〜!


つぎのGFL 半年講座は土曜コースで年明けくらいから募集開始の予定です。





閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page