検索
  • 二子渉

受け取るって、実際どうやったらいいんですか?

女性が受け取ったり、よろこんだりするのが重要なのは、なんとなくわかりました。 でも、受け取る、って、具体的に、どんな風にしたらいいんですか? どんな行動で、その嬉しさを表したらいいのでしょうか? そこがわかりません。


っていう人は、今ではけっこういます。



「きゃー、うれしいっ!とかって言ったらいんですか?いや、無理無理〜」

「ありがとうって言うようにしているんですけれど、お礼を言われるためにやってるわけじゃないって言われちゃうんです」

といった声をよく聞きます。



うーん、おしい!!


「受け取って喜ぶ」っていうのは、なにかを「する」ことじゃないんですね。


***


例えば、大好物のスイーツが目の前にでてきて、それを眺めてから食べる、、、というイメージをするだけで、自然にちょっとにやけちゃったりしますよね。


あるいは「大好きな人から言われたら本当に嬉しい一言」を、大好きな人に言われているところを真剣にイメージする。面と向かって言われるところをイメージすると、自然にきゃーっとかなったりしますよね。



それがイメージじゃなくてほんとに言われたりしたら、おろおろしちゃって、「きゃー、もう、ちょっと、やめてください!!」とか言いながらも顔がにやけたりするかもしれません。



この、「自然に溢れ出てくる」のが、結果的に喜びの表現になっているんです。

無理に何かを言ったりする必要はゼロ。むしろしないほうがいいくらい。



やることは単に、その嬉しい体験に意識を向ける。嬉しい体験を味わう。それだけ。そこにこそ意識的であるようにする。


ただ嬉しいことを味わう。そしたら勝手に喜びが溢れる。←ココ重要!!



これが受け取って喜ぶ、のシンプルな真髄。


あなたが女性だったら、ここに意識的になるだけで、確実にパートナーとの関係はよくなり

ます。もし今シングルなら、確実にモテ力アップ。



いいですか、もう一回言います。



ただ嬉しいことを味わう。そしたら勝手に喜びが溢れる。

そこだけ意識してください。


これでもよくわからなかったら、ぜひワークショップに来てください。

その場でデモンストレーションしたら、みなさん、「おー、たしかに今、キラーン!って輝きましたね。これのことなんですね。」ってつかめます。


つかめたら、そうなることをどんどん増やしていく。パートナーが男性なら、その男性がなにをしてくれたら喜びが溢れるのかを二人で見つけていく。まあこれは別の話だけど。


ちなみに今日は写真のケーキ買ってきて僕が美味しいコーヒー入れて Keikoちゃんと味わったのですが、すごく嬉しそうにしていました。




13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「次のブッダはコミュニティの形をとってあらわれる」

たしかティク・ナット・ハン師が「次のブッダ はコミュニティの形を取って現れる」というようなことをおっしゃっていたと思うの。 最近それがとても実感されるんですよね。 僕はてっきりパートナーシップのことを熱心に伝えてきていたつもりだったのですが、実際にはコミュニティが出来上がってきている。 お互いがトラウマ反応からではなく、自分の良質な部分から関わり合う社会が、そういう文化圏が、僕の周りにはすでにけっ

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」

今日はけっこう嬉しいことがありまして。 ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。 でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。 ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままで