検索
  • 二子渉

真実の分かち合いは、何ではないか

僕はしばしば、魂を分かち合うパートナーシップ、 という言い方で僕らの取り組みというかパートナーシップの築き方というか について語っています。 真実を分かち合う、とか。 僕らの話をよく聞いてくれている人が口を揃えていうのが 「シンプルかもしれないけど、高度ですよね」みたいなこと。 僕もそう思います。 そしてけいこちゃんとしては、目指しているレベルには全然達していないと感じている。 (僕はそこは理想が低いのか、「すげ〜できてる!」って思っちゃってるところがある)。 今日は、これは何「ではないか」の話をさせてください。 ・これは、なんでも「意見」を言い合うことではありません。  意見って、こころの深いところにある真実の声じゃあないと僕らは捉えていて、 意見が出てくるその奥に、真実の声がある。 真実の声っていうのは、深いレベルで感じている感情や、深いレベルで抱いている願い。 ・これは、そんなわけで、説得とは関係ありません。  意見を言い合うことではないので、説得とは関係ないし、 現実をどうするかという相談とも関係ない。 それはまた別の会話として重要だけれど、「真実の分かち合い」とは別。 ・これは、感情をぶつけあうことではありません。  世の中には、全開の感情をぶつけあうようなことを持って、 「本音」「真実」で関わること、みたいに捉える捉え方があるのを僕は知っています。 僕らが「真実の分かち合い」と言っていたら、それは感情をぶつけあうことではありません。 それはほとんどの場合、表面的な防衛的な反応。その防衛的で感情的な反応をぶつけて、 もし相手の防衛を呼び起こすようだったら(ぶつけられて萎縮したりしたら)、 魂を分かち合うパートナーシップとしては失敗してる場面です。 ・これは、コントロールの手法ではありません。  僕らはお互いのニーズ、お互いが受け取りたい愛情の形について、細かく聴き合います。 それは人それぞれ、とても違っているけれど、 僕らはうっかり自分が欲しいものを相手も欲しがってると勝手に決めちゃう。 そのことに警戒しているからです。 そして、そのニーズ、受け取りたい愛情の形を聴いて、すんなり提供できる時もあるし、 例えば抵抗感が立ち上がる時もあります。 聴いたニーズに必ず答えなきゃいけない義務はないし、 それを得るためのコントロールもしない。 もし抵抗感が立ち上がったら、それも真実から分かち合う。 そこにコントロールの意図を感じ取っているケースもあれば、 抵抗感を感じている側の傷が反応してるケースもある。 ここ重要だから別の記事でそのうち言語化したいな。 そんなこんなで、僕らはトラウマ反応、防衛反応みたいなものと、 もっとたましいからくる、本質の声とを常に聴き分けようと努めているのでした。 自分に対しても、相手に対しても。 この辺が区別ついてくるとね〜、ほんとすごく豊かな関係性の世界が現れてくるのです。 僕はそれが面白くてしょうがないのだ。 *** ここまで読んでいかがでしたか。 トラウマ反応、防衛反応について理解を深めたい人、 真実を分かち合う関係性を築いていきたい人は、 そのためのきっかけとして最適なセミナーがあります。 もしよかったらぜひいらしてくださいね。 2/12東京 アーリートラウマ【5つの傷と防衛のパターン】を学ぶ 〜パターンを知り、パターンを超えて関わりあう方法〜 https://27ken01.peatix.com/?fbclid=IwAR03aHWdpednlnWEHTYXyfMGYV33kPA_UFdq01ZMvp0HztkmAV4Ix9zw8Wo *** 今後の予定 2/9~11 三浦半島 宿泊ワークショップ 『死と誕生』~ 死と向き合うことは、愛と向き合うこと ~ https://ameblo.jp/mika-smile-healing/entry-12425717640.html 2/12 東京 アーリートラウマ【5つの傷と防衛のパターン】を学ぶ ~パターンを知り、パターンを超えて関わりあう方法~ http://greek-ex.jp/L20710/b2/11651 2/13 夜 東京 ワイン片手にパートナーシップの夕べ(仮)

  • パートナーシップ(89)

  • セミナー・ワークショップ(20)

******************** 今後の予定 参加者募集中! 2020年 ■アーリートラウマ基礎編 5/18&25 https://resast.jp/page/consecutive_events/2504 ■パートナーシップ基礎編 5/31&6/7 https://resast.jp/page/consecutive_events/2515 ■コロナ特別オンライン個人セッション 期間限定で個人セッションを格安提供中 コロナ禍の自分にとっての意味を受け取るチャンスです https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/7092 ■好かれる勇気半年講座&認定講師養成講座  オンライン説明会 https://www.reservestock.jp/page/consecutive_events/2094 随時開催中 ■7/18から オンライン 好かれる勇気 半年講座 https://resast.jp/events/398745 好かれる勇気 講師養成講座 https://resast.jp/events/398752 一部、または全部をオンライン開催予定 *** 本当の結婚を目指すカップルのための 「愛を深め、土台を築き上げる集中プログラム」 平日日中コースのみモニター受付中 (平日夜&週末は順番待ち) https://www.reservestock.jp/inquiry/38999

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕がホームを感じられた日

最近うちのパートナーシップがおもしろすぎて、書きたいことがたくさんあるんだけれど間に合わない〜。 今日も面白すぎて、ちょっとちょっと聞いて〜〜!って思って勢いで書いてます。 妻の桂子さん、突然別人へと変容する時があるんだけれど、今日もなんかきっと大きな転換点になりました。 今日の夕方くらいから僕は胃が痛くなってきたんですよ。 実は先週も風邪ひいたときに胃痛になって、よくなったと思ったら今日また胃痛

パートナーシップで気づくこと

昨日妻と話していて久しぶりにしみじみ思ったんだけど、僕はもともとは、精神的にはかなり病理深めの出身なんですよ。 妻はうんと健康で、完全に神経症水準だけれど、僕は人格障害水準、分裂病水準の大波を生き延びてきた。 今でこそそうじゃないけど、若い頃の友達には相当病んでる人がたくさんいた。そういう人たちじゃないと話が合わなかった。 なんというか、その初期の傷付きの深さのようなものについて、ふたりして「この

めんどくさがる男性と、関係性を築いていくには

僕と 二子桂子ちゃんは、お互いの間で感じた気持ちを全て真実から分かち合う、ってことに挑戦しているのですが、よくあるご質問で、「男性はどうしたらそこに乗り気になってくれるのか」みたいな質問があります。 僕自身、自分のことをパートナーからあれこれ聞かれるのは、もともとはとても嫌でした。 それがどうして変わって来たのか、というと。 *** ここは、けいこちゃんの粘り強さに僕が救われたと思っています。

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2020 by GFL。Wix.com で作成されました。