検索
  • 二子渉

恋愛期のキラキラ以上の関係

更新日:8月27日

今日ね、妻もいてみんなで話していた時に妻から、「あの恋愛初期のキラキラもいいけれど、あの時代に戻りたいとは今は思わないでしょ?」って聞かれました。


そうなんですよ。


いまや全然戻りたいと思わない。だって今の方がぜんぜんいい関係だもの。



そうはっきり思っている自分に出会った瞬間でした。




恋に落ちて、ハートが開いて、全てが美しく見えて、なんならほんとの愛がわかったような気分になる時期ってあるわけです。そしてそれはとても貴重な瞬間だし、僕も大好き。それは全く否定する気持ちはないの。


そうなんだけれど、しっかりパートナーと関係を築いてきたら、それよりもはるかに満足感のある関係が作れる。それを僕は今や、はっきり確信している。しかもそのための方法もある。



なんていい人生になってきたんだろう。


ここまで共に歩んでくれた妻にこころから感謝しているし、ますます彼女をかけがえのない人として愛している。



今日のオンラインサロンでやっている対話会で話していたこと。

ちなみにオンラインサロンはこちら

来期のGFL半年講座も募集始まりました。





閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「