検索
  • 二子渉

恋愛期のキラキラ以上の関係

今日ね、妻もいてみんなで話していた時に妻から、「あの恋愛初期のキラキラもいいけれど、あの時代に戻りたいとは今は思わないでしょ?」って聞かれました。


そうなんですよ。


いまや全然戻りたいと思わない。だって今の方がぜんぜんいい関係だもの。



そうはっきり思っている自分に出会った瞬間でした。




恋に落ちて、ハートが開いて、全てが美しく見えて、なんならほんとの愛がわかったような気分になる時期ってあるわけです。そしてそれはとても貴重な瞬間だし、僕も大好き。それは全く否定する気持ちはないの。


そうなんだけれど、しっかりパートナーと関係を築いてきたら、それよりもはるかに満足感のある関係が作れる。それを僕は今や、はっきり確信している。しかもそのための方法もある。



なんていい人生になってきたんだろう。


ここまで共に歩んでくれた妻にこころから感謝しているし、ますます彼女をかけがえのない人として愛している。



今日のオンラインサロンでやっている対話会で話していたこと。

ちなみにオンラインサロンはこちら

来期のGFL半年講座も募集始まりました。





4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「次のブッダはコミュニティの形をとってあらわれる」

たしかティク・ナット・ハン師が「次のブッダ はコミュニティの形を取って現れる」というようなことをおっしゃっていたと思うの。 最近それがとても実感されるんですよね。 僕はてっきりパートナーシップのことを熱心に伝えてきていたつもりだったのですが、実際にはコミュニティが出来上がってきている。 お互いがトラウマ反応からではなく、自分の良質な部分から関わり合う社会が、そういう文化圏が、僕の周りにはすでにけっ

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」

今日はけっこう嬉しいことがありまして。 ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。 でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。 ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままで