top of page
検索
  • 二子渉

深い関係を築けるパートナーの条件

よくご質問いただくのが、真実を分かち合うような関係をパートナーと築きたいけれど、

こういう相手でも可能なのか、みたいなこと。


相手が望んでいなさそう。


自分または相手が婚外恋愛で、別に配偶者がいる。


そもそも会話ができる感じじゃない。


私がそれを望んでいると伝えても、理解してくれない、または理解が浅い。


質問するだけでめんどくさがられる。


などなど、


こんな相手でも可能なのかと。


ごもっともな疑問ですね。



***



僕はいまでこそ、真実を分かち合うべく妻と語り合っていますが、もとからやる気があったわけでは全くありません。


むしろいちいち感じたことを語り合うなんて時間の無駄くらいに思っていたし、四魂で智の強い僕は、無駄なことに時間を使うのは苦痛この上ないのです。


さらに僕らは二人とも元々婚外恋愛で始まりました。


なので、妻が実践し続けてくれなかったら、こうはなっていなかった。



彼女は僕に、こう言っていたわけではありません。


「私は深いことを語り合い、分かち合いたいから、そうしてほしい」


もし僕がそれを聞いても、「へ〜、そうなんだ〜〜。よくわからないけど。」みたいにしか思えなかったでしょう。


彼女はそんな風にいう代わりに、自分の真実を語り、「今のを聞いて、あなたはどう感じた?」と尋ねることをひたすらやってきました。

事あるごとに、「それであなたはどう感じたの?」と僕に尋ねました。

僕としては大変めんどくさかった(笑)


でも彼女はひたすらそれを続けた。


つまり、とっとと真実の分かち合いを僕との間で始めたのです。


彼女としてはそれで僕が本当に乗ってこなかったら、「この人は私の求めるパートナーじゃないんだな」とどこかで見切りをつけたはずです。


幸い僕は、聞かれたら答えちゃうし、自分の内面を言語化する力も必要なだけあった。

彼女に導かれて僕はここまでたどり着くことができたし、それはほんとうによかったと今は感じています。


***


さらに実践的なことを書くと。


「あなたはどう感じるの?」

そう尋ねてみて、相手がたとえば「え〜、そういうのめんどくさい」とか答えたとするじゃないですか。


ちょっと心折れそうになるかもしれません。



でもここで諦めるのは全然早すぎです。


これだけでは、深い関係を築けるパートナーの条件に合わなかった、とはまだまだ言えない。


そう判断する前に、


「そうか、めんどくさいかあ。

私としては、自分の深くで感じた気持ちをあなたに聞いてもらったり、あなたが本当に感じた気持ちを知りたいし、そういう関係を築きたいって心から思っているから、それを聞くと寂しいなあ。

これを聞いてどう感じる?」


って続けていくわけ。



できるだけ防衛的にならずに、ただ自分がハートで感じたことを語って、「これを聞いてどう感じる?」と尋ねる。


もしあなたが、魂を分かち合うようなパートナーシップを望んでいたら、あなたこそが相手をリードする役割を持っています。あなたから始めるしかない。


 

愛する人にできる最高の贈り物は、真の自己です。

 


それをまずはあなたから差し出して、どう感じたかを尋ねつづけてください。

それはあなたと愛する人を、望むところに運んでくれるほとんど唯一の道です。




最新記事

すべて表示

カップルセラピーに必要な転移/逆転移の理解

GFLに基づくカップルカウンセラーの養成を計画しているんですけれど、マニアックな心理セラピスト歴が長い僕としてはこれ考えるのがすごい楽しいんですよね。 で、考えているうちにいろんなことが湧いてきてアウトプットしたくなる。 今日はそういう投稿。 心理的な支援をするときに、アーリートラウマを扱う時は特になんだけれど、転移/逆転移についての理解や扱いがとても重要な鍵になります。 転移っていうのは狭義には

Comments


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page