top of page
検索
  • 二子渉

男女の前に人として

更新日:2022年8月27日

GFLの3つの重要テーマの一つに、男性性と女性性の違いを知っていいエネルギー循環を作るっていう話があるわけです。



男女のカップルだったら、これを知らずにいたら回らないよっていう大事な話。



そうなんだけれど、それ以前にさ、人間同士、お互い思いやりを持って尊重しあって関わっているかどうかっていうのは当然とても大事なことですよ。



他人には言わないようなひどい言葉や態度を使わないとか、相手の好きなことや嫌いなことを知って大切にするとかね。


お互いが快適に過ごせるように気遣い合うとか、陰で悪口言ったりしないとか、ありがとうやごめんなさいをきちんと伝えるとかね。



男女とかである前に、人として自分の中の、良質な部分から関わろうとすること。



これまで強調してこなかったけれど、それは当然の前提だと僕が思っちゃっていたからなんだけれど、けっこうそこからしてやっていない場合もあるのだなあと。


それを伝えていく必要があるのだなあと反省している最近でした。






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page