検索
  • 二子渉

男女の前に人として

更新日:8月27日

GFLの3つの重要テーマの一つに、男性性と女性性の違いを知っていいエネルギー循環を作るっていう話があるわけです。



男女のカップルだったら、これを知らずにいたら回らないよっていう大事な話。



そうなんだけれど、それ以前にさ、人間同士、お互い思いやりを持って尊重しあって関わっているかどうかっていうのは当然とても大事なことですよ。



他人には言わないようなひどい言葉や態度を使わないとか、相手の好きなことや嫌いなことを知って大切にするとかね。


お互いが快適に過ごせるように気遣い合うとか、陰で悪口言ったりしないとか、ありがとうやごめんなさいをきちんと伝えるとかね。



男女とかである前に、人として自分の中の、良質な部分から関わろうとすること。



これまで強調してこなかったけれど、それは当然の前提だと僕が思っちゃっていたからなんだけれど、けっこうそこからしてやっていない場合もあるのだなあと。


それを伝えていく必要があるのだなあと反省している最近でした。






閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「