top of page
検索
  • 二子渉

祖国日記・クリスマス

この1ヶ月で色々状況が変化して、桂子さんは1ヶ月前と比べたらかなり元気になりまして。


今日は1から調理するものはなかったものの、クリスマスディナーは全て彼女が用意しました。

桂子さんにとってはクリスマスはとっても大事な日なので、それができるのが嬉しい!って。




あーちゃんもいつもよりちょっとおめかししまして。


クリスマスプレゼントの世界の動物のレゴの、巨大な箱にも興味津々。


早速開けたところ、一番熱心にみていたのは説明書だったんだけど(笑)。


あとたぶん、サンタさんという単語は理解しているっぽくて、人形や絵を指差します。


うちにはフィンランドの、ほんもののトナカイの毛皮を纏ったサンタさんがいる。


どんどん理解してる語彙を増やしていっている最中で、この数日のブームはサンタさんと、ぶたさんと、救急車。


てんとうむしはもうわかったのでちょっと飽きたみたい。




夕暮れ時に僕の抱っこでお散歩にもいって、ご近所のイルミネーション見たり、2頭のセントバーナードをつれたご近所さんとメリークリスマス!って言い合ったりもして、なかなかクリスマスっぽいクリスマスを過ごしました。



メリークリスマス!







閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page