検索
  • 二子渉

経済的自立は真の意味で「自立」なのか

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。



あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」



あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている状況について、「私は自立できていない人間なんで」と自己否定気味に表現されるのを聞くこともあります。



***



一見、自立を目指してがんばる必要がありそうな気になってしまう場面たち。

でもパートナーシップについての学びを深めていくと、そうじゃないということがわかってきます。


ここで一つ明確に区別される必要があるのが、「経済的な自立」と「精神的な自立」。



例えば上の3つ目に書いた親からの自立の話を例にとると、いい年になっても実家にいて、そこで経済含めた生活上の世話を親がしてくれて当然と思っていたり、よくないと思いつつ何も言わずに先延ばしにしていたら、これは完全に依存。経済的にも精神的にも自立していない状態と言えます。



でももし、何か事情があって親元に身を寄せるにあたって、「お父さん、お母さん、すみません。本来は自力で生活していくのが筋だと思いますが、今どうしてもこれこれの事情で困っているんです。しばらく置いてはもらえませんか。」「しばらく資金援助してもらえませんか。」って言えていたら、これは大人の意識で状況に対処していることになるし、この時精神的には自立しているわけなのです。自立した大人が、経済的な援助を受けている。



***



経済はわかりやすいけれど、パートナーとの間ではそれ以外にもいろんな要素が絡んできます。



どこまでが不健全な依存なのか、どこからが自立なのか、そしてどこからが過剰な自己完結なのか。



こうしたことに目を向け整理してみるセミナーです。


https://www.reservestock.jp/events/747262?fbclid=IwAR1JLFhQPp8iW9rRVT7jVDoGH6enkmNnANqFdjBlD0ruTTZZWvpIwWPOhzA

閲覧数:49回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「

昨日の夕方、「明日はマスク洗ってよ」と僕が桂子さんに言ったのが始まりでした。 僕らはほとんど家で過ごしているので、マスクをつける時間はほとんどない。 僕もちょっとコンビニに買い物に行って店内にいる3分だけつけるとか、月に一回くらい飲食店に行って、お店に入ってから席に着くまでと、食べ終わってから会計してお店出るまでで合計3分だけつけるとか、そんな感じなのね。 なので、使い捨ての不織布のマスクを洗濯し