top of page
検索
  • 二子渉

結婚はいらない!でもパートナーは欲しい!

GFLを使ってる結婚相談所をやっている 石井早苗 ちゃんと話していて、なるほどな〜と思ったことがありまして。



結婚はしたくないけれど、真剣なお付き合いは求めている、という層がいると。


現在の制度疲労した婚姻には賛同できなかったり、以前結婚してたときに、自分が求めている本当のパートナーシップはコレじゃない感が大きかったり。


それで「結婚」はもうしなくていい。


そう思っている人がかなりいるのではないか、っていうのね。



それは僕自身の経験からもすごいわかる気がする。


たぶん実態として、今の婚姻じゃない形で、本人としてはより本質的なパートナーシップを求めている人が一定数いるのだと思われます。


あなたはどうですか?


そして今の日本社会は、結婚を前提としたお付き合いは真剣なもの、結婚を前提としていないお付き合いはお遊び、みたいな前提を共有しちゃっている。


だからこういう人のマッチングの機会もない。


結婚相談所でもマッチングできる枠組みがうまく作れない(先方は結婚を求めてくるわけなので)。


ここは変わっていっていいところだなあって思う。


理想のパートナーシップは、人それぞれでいい。



***



最近大学の講義に呼ばれて、学生向けにパートナーシップについて語る機会があるんだけど、みんなけっこう熱心に感想を届けてくれます。


で、今日の話と関連しておもしろいなと思っているのがね。


「自分は結婚には全然希望を感じていなかったけれど、今日の話を聞いて初めて希望を持てました」


みたいな声もけっこうあり、それとは違ったニュアンスで、


「既存の婚姻に縛られなくていい、というお話を聞いて、改めて大切な人と人生を築きたいと思っている自分に気づきました」


みたいな声もけっこうある。


現行の婚姻制度では、うまく収まらない人が既にたくさんいる。


それはもうずっと前から明らかだった。


でもじゃあどうしたらいいのかというと、少なくとも社会の中では、ずっと棚上げにされてきたんですよね。



***



そんなわけで、「結婚はいらない。でも本物のパートナーは欲しい」と思っている人が、その道を歩めるサポートとか、マッチングの機会を作れるといいなあって思います。


その道を歩めるサポートとしてはすでにGFLがあるから、もしあなたが「結婚はいらない。

でも本物のパートナーは欲しい」そして「どうしたらいいかわからん!」って思っていたら、是非ここにきてください。


きっとあなたのお役に立てるはずです。


マッチングの機会は今後のお楽しみです。


パーティーとかイベントとかなのか、GFLマリアージュと一緒に企画していくのでお楽しみに。




閲覧数:68回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カップルセラピーに必要な転移/逆転移の理解

GFLに基づくカップルカウンセラーの養成を計画しているんですけれど、マニアックな心理セラピスト歴が長い僕としてはこれ考えるのがすごい楽しいんですよね。 で、考えているうちにいろんなことが湧いてきてアウトプットしたくなる。 今日はそういう投稿。 心理的な支援をするときに、アーリートラウマを扱う時は特になんだけれど、転移/逆転移についての理解や扱いがとても重要な鍵になります。 転移っていうのは狭義には

Comments


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page