top of page
検索
  • 二子渉

結果が出なくて辛いときには

パートナーが欲しいのにできない、とか、パートナーとの関係性が好転しない、とか、「結果が出ない」ときって、とってもキツく感じるものです。痛みの大きい場面。



それで、自分にダメ出ししたり、実は望んでいなかったことにしようとしたり、いろんな形でこの痛みを回避しようとし始めます。



無理もないんだけれど、ここが踏ん張りどころ。



回避したくなるほど痛いってことは、それだけ願いがあるってことです。



それでですね、そういう時に僕が思い出すことばがあって、それは:


「私は希望というものについてよく考えます。

 希望とは世界の状況ではなく

 とりわけ心のあり方だと思うのです。


 希望とは持っているかいないかのどちらかしかなく、

 それは魂の次元の話です。


 希望とはやがてよくなるという楽観主義ではなく、

 どんな結果に終わろうともこれが正しさに至る道だと

 確信できることなのです。」



っていう、ヴァーツラフ・ハベル(元チェコスロバキア大統領)のことばです。以前とある事情から、英語から僕が訳したんだけれど。


どんな結果に終わろうとも、自分の道を進む。

その道に自分は乗ることができているのか、と問いかけるのが鍵。


その道を降りてしまったら、それは自分のたましいを裏切ることになってしまう。


でも痛みを抱えながらもその道、その願いに通じる道を歩いているなら、それはあなたがあなた自身を大切にし続けることになります。


そしてその道を共に歩く人がいてくれたら、一人で歩くよりもずっと歩き続けられるようになります。




閲覧数:150回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page