top of page
検索
  • 二子渉

自分には幼少期のトラウマなんてない

更新日:2022年8月27日

「自分には幼少期のトラウマなんてない」って言っている人がいたら、その人にはアーリートラウマだけが色濃くある。


僕自身、記憶を辿っても、トラウマ的なストーリーはほとんど何もなかったので、幼少期のトラウマなんて僕はほとんどないんだろうなって思っていました。


実際、小さい時の記憶を辿って、あの時お母さんにああ言われて傷ついたみたいなのを扱う一般的なインナーチャイルドワークが機能したことはなかった。



でも100%の理想的な世界で育ったのでない限り、僕らの脳は出来上がってくるときに偏って発達するし、それをアーリートラウマと言ってるのです。それがないのは、たぶん悟っている人だけ。


そんなわけで、特にトラウマ的な記憶のストーリーがない人にとっては、とっても発見しにくい。そういう人は「自分が不本意な現実にはまっていて、そこから抜け出すこともできる」ということを知る機会がなかなか持てないところが悲劇なんですよね。いや、まあ、以前の僕のことなんですけど。



それを確実に見つけてより良い現実を創造できるようにするのには、パートナーシップに取り組む以上に最適な方法はないなあと思う。


閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page