top of page
検索
  • 二子渉

誕生日のプレゼント

新しい地球社会を創る。この青い惑星の美しさを守るために。


いろいろワークしてみていると、おそらく僕は3歳の時にはもうその仕事に取り掛かっていました。



そしてある意味ずっっっっっと挫折してきた。


生態系は壊滅していく一方だったし、その意味でこの星の破壊は進む一方でした。


それは客観的にみたらなんと痛み大きい人生なのだろうって思う。



でもこの2、3年でついに、僕ははっきりと希望を持てるようになったのでした。


新しい地球社会が生まれつつあるって。



単に一人一人がその善良な部分を生きられるようになる社会、ではない。


一人一人が、より自分になりながら、つながっていく社会。



というのも・・・。



***



GFLを学んでいる人たちに誕生会をしてもらいました。

夜中の2時になってもまだ20人近く残ってた。

眠かったけれど(笑)実に楽しくて居心地いい世界なんですよ。


僕らがいつも意識している、意識の二つのモード「成熟した大人の意識」と「防衛的な子どもの意識」の区別がついていて、前者を選ぼうと意図し続けている人たち。


何か嫌な出来事があった時に、悪者を探したり、断絶による解決をさぐったりする代わりに、自分が真にこころを痛めていることは何か、自分が真に大切にしたいことや願いは何か、をみようと意図し続けている人たち。


こうしたことを意図して、実際に地道に身につけていってる人たち。


こういう人たちが集まっている時、そこには僕がずっと願ってきた「新しい地球社会」が芽生えているのがわかる。

昨日もまさにそういう場で、それがこの仲間たちからの最大のプレゼントでした。


大丈夫。

この道を進んで行ったら、僕が大切にしたいものは守られる。

あなたが大切にしたいものは、守られるはず。


そう思えるのがなんとうれしいことか。

共に歩んでくれている皆さん、本当にありがとう。

これから加わってくれる皆さん、お待ちしています。





閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page