top of page
検索
  • 二子渉

赦せないとき・赦されないとき

更新日:2022年8月27日

誰かとの間での何らかの行為や出来事を「赦す」「赦される」って二種類あります。

ひとつは自分の内側のこと。ひとつは関係性でのこと。

この二種類がごっちゃになることがよくあると思うのね。


***


過去の自分の行いについて誰かに赦してもらっても、自分で自分を赦していなければ、ずっと自分への否定とその苦しみが続く。

また、誰かの行為を自分が赦せないでいたら、それはそれで苦しみが続く。

ほんとうの赦しが生じたら、その時、その苦しみから「自分が」解放される。

これが自分の内側での赦しの性質。


***


自分で自分を赦していても、相手があなたを赦していなかったら、その人との関係性は難しいままになる。

あなたが公正さに基づく誠実な謝罪をして、相手がそれを受け入れたときにだけ、赦しと和解が生じ、関係性が変わる。時に劇的に。

(もちろん逆の立場で、相手が公正さに基づく誠実な謝罪をして、あなたがそれを受け入れたとき、というのもある)

ただこちらが相手を赦していても、すでに関われなくなっていたら、リアルなその人との関係では和解は経験できない。

これらは人と人との関係性での話であって、自分の内側での赦しとは別次元の話。

大切にしたい人との関係では、謝ることと受け入れることが鍵になる。


***


そして、あなたは悪くない。


そして、「悪い人」など存在しない。

それでも僕らの人間としての限界が、しばしば胸の痛む状況を作り出してしまう。

それだけのことなんだけれど、そのことを忘れないでいたいな。





閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page