検索
  • 二子渉

赦せないとき・赦されないとき

更新日:8月27日

誰かとの間での何らかの行為や出来事を「赦す」「赦される」って二種類あります。

ひとつは自分の内側のこと。ひとつは関係性でのこと。

この二種類がごっちゃになることがよくあると思うのね。


***


過去の自分の行いについて誰かに赦してもらっても、自分で自分を赦していなければ、ずっと自分への否定とその苦しみが続く。

また、誰かの行為を自分が赦せないでいたら、それはそれで苦しみが続く。

ほんとうの赦しが生じたら、その時、その苦しみから「自分が」解放される。

これが自分の内側での赦しの性質。


***


自分で自分を赦していても、相手があなたを赦していなかったら、その人との関係性は難しいままになる。

あなたが公正さに基づく誠実な謝罪をして、相手がそれを受け入れたときにだけ、赦しと和解が生じ、関係性が変わる。時に劇的に。

(もちろん逆の立場で、相手が公正さに基づく誠実な謝罪をして、あなたがそれを受け入れたとき、というのもある)

ただこちらが相手を赦していても、すでに関われなくなっていたら、リアルなその人との関係では和解は経験できない。

これらは人と人との関係性での話であって、自分の内側での赦しとは別次元の話。

大切にしたい人との関係では、謝ることと受け入れることが鍵になる。


***


そして、あなたは悪くない。


そして、「悪い人」など存在しない。

それでも僕らの人間としての限界が、しばしば胸の痛む状況を作り出してしまう。

それだけのことなんだけれど、そのことを忘れないでいたいな。





閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「