認定講師

GFLの認定講師をご紹介します。

GFL認定講師は、認定講師養成講座を修了し、認定試験に合格した講師です。
GFLの各種セミナーを開催しています。

九里裕美(旧姓 栗原

Hiromi Kunori

パートナーシップには興味がなく、それよりも世界や地球全体に関心を持っていた。 2016年、ふたこのビジネスコンサル参加をきっかけにGFLを知り、この智慧こそが私の知りたかったことだ!私の夢につながることだ!!と地道に実践を続けて4年。 パートナーシップだけでなく、親子関係、ビジネスの願いがどんどん叶っていく。 お互い大切に思いあっているのに、やり方、方法がわからないために離れてしまう人々に 心を痛め、大好きだからこそ伝えられない、そんな人にこの智慧を届けたいと講師としての活動を決意。最も長く深く二子のもとで学んできた講師となった。 入籍して3か月のパートナーとは合わないことばかり。「二人で生きていく」とは 語り合うこと、知り合うこと、お互いの違いがあるからこその豊かさを実感している。 本家ふたこのもとで事務局をしながら、地球すべての生き物が平和に暮らすことを夢に活動中。

 誰もが受け入れられる空気感と明るさが持ち味。

普段は静かな存在感だが、「ここぞ」という時は、その人に必要なサポートを積極的に提案できる勇気も持ち合わせている。嘘のない誠実な人柄は、周囲からの信頼も厚く頼りにされている。

栗原裕美さん.jpg

道下聡子

Satoko Michishita

企業や学校の人材教育に携わった後、ボディワーカーとして活動。 心と身体と大地のつながりを大切に「私らしく生きる」ことをサポートしている。 マタニティトリートメントの延長でアーリートラウマを学び始めた時。 「私にはアーリートラウマなんて無い」と思っていた自分にも(こそ)深く関係していることに気づき衝撃を受ける。 同時に、トラウマを知ることは、自分に「欠けたもの」から自分の「パワー」へと変容させ取り戻す‘チャンス’につながることを体験。 「自分らしさはいつでも取り戻すことができる」という アーリートラウマに込められたメッセージに惚れ込む。 アーリートラウマに取組み続けた結果、今世では諦めていたパートナーシップへの強い願いに気づきGFLを学び始める。 今では、「パートナーと深いつながりを紡ぎたい」とまで思うようになり、うまくいったりいかなかったりしながらも、仲間に支えながらGFL を実践中。 「パートナーが欲しいかわからない」 「本当は深く繋がり合うパートナーが欲しいけど怖くて前に進めない。」 そんな方にもGFLの世界に触れて欲しいという願いのもと活動をしている。

 温かさと柔らかさと知性が同居しているのが持ち味。

誰よりも早く講師としてデビューし、「アーリートラウマなら聡子ちゃんかふたこさんか、選べるレベル!!」と絶賛される。 女性ならではの、身体へのアプローチや丁寧なアフターフォローが評判。

124308605_1652222334959850_4567827783062

松元 環

Tamaki Matsumoto

結婚26年目。子育ても終わり、単身赴任で心も身体も離れていた夫と 第二の夫婦の結婚を目指してパートナーシップに絶賛取り組み中。 真実を分かち合うこと、気持ちを語り合うことの難しさや痛みを感じながらも 目の前の人とただ一緒にいる、自分のど真ん中に居る、その在り方を日々実践。 GFLを知り、自分の人生まるごとが、ただ素晴らしいと思えるようになってきた。 地元でふたこを呼び、リアルセミナーを開催するのが目標。 仕事先、古い友人、気づく

と誰でもみんな巻き込んでGFLの面白さを語ってしまっている。

 まっすぐな正直さと、どんな人の可能性も信じている大きな愛が持ち味。

「ただ居てほしい」そう多くの人に言われる、居るだけで「場を作れる人」。 山のような存在感で、場や人を信頼し続ける。 飲み会隊長として、楽しく面白く、GFLの知恵を広げていっている。

65C05742.jpg
 

​牧瀬 麻衣子

​Maiko Makise

福祉の仕事に従事して10年の社会福祉士。
「地域福祉の仕事は天職」と自他ともに認めるほど、福祉の仕事を愛していた。しかし、夫の転勤の都合で知らない土地に移住したとき、それまでの人とのつながりや生きがいをなくし「自分は何のために生きているのだろう」と改めて自分の生き方について考える日々を送った。その中で、自分が「人と心が通じ合うこと」をとても大切にしていることに気づく。1番身近な存在であるパートナーと心の通じ合う関係性をつくっていくため、日々の夫婦生活の中でGFLの学びを実践し続け、「二人で生きること」を選び続けている。
「一緒に生きることを決めた最愛の人と、昨日よりも今日、今日よりも明日、愛しい関係を紡いでいけますように」そんな思いを込めて講座を開催している。
 
柔らかい雰囲気で場を包み込む、安心感のある雰囲気が持ち味。
「まいちゃんが、心を開いてただそこにいるだけで、その在り方がみんなの心を開いていく」という不思議な癒しの力があるといううわさ。
 

 

164265556_270745294683878_80777415604920