top of page
検索
  • 二子渉

「防衛」が、いかに不本意な現実創造に役立っているか

「先生」とか呼ばれてるうちに尊大になって、支配的になっちゃう人ってけっこういますよね。反対意見言われたり間違いを指摘されようものなら、俺のほうが正しい!なんだ文句あるのか!みたいに逆ギレ気味になる。


この時、この人は「自分を大きく見せる防衛」に入ってます。



「自分を大きく見せる防衛」は、自分の方ができる、自分の方がわかってる、自分の方が優れてるって見せようとする防衛。マウンティングとかもそうです。(すみません、僕もよくやってました。えへへ。)


この防衛の発動中は、「自分の方が優れていないと尊敬が得られない。自由が得られない。(愛が得られない)」という世界観にはまってます。


なので「実は自分は尊敬や信頼に値しないんじゃないか」「そこまでの優位性がないんじゃないか」という恐怖にとらわれている状態でもあって、躍起になって自分が優れていることをアピールしちゃうわけです。


でもこれって、「自分は尊敬も信頼もされない」という信念を握りしめてる状態になっちゃうんですよね。その前提から行動してるから。


そして、そんなふうに尊大で支配的になったら、結果的に尊敬もされず信頼もされない。

伝わりますかね。

 


結果「自分は尊敬も信頼もされない」という現実を効果的に創造しているわけ。

 


これが、無自覚な防衛、発達初期のトラウマ影響下の思考が、現実を創造する一例です。

僕らは日常的に、無自覚な防衛・発達初期のトラウマ影響下の思考を起こしているので、その地図を持って自分の現実をつぶさに眺めるなら、自分の何が目の前の出来事を引き寄せているかわかるようになる。

閲覧数:187回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page