検索
  • 二子渉

抱っこ名人、もしくは赤ちゃんからの愛


ちょっと自慢させて〜。




うちのあーちゃんは、おとーさんの抱っこが大好きで、ほぼ百発百中泣きやんでご機嫌になります。

限界までお腹空いている時以外たぶん100%。


そんなわけで今のところ、抱っこ名人の名を欲しいままにしているわたくし。えへへ。


人によっては泣きやむあーちゃんを見て、「やっぱりお父さんだってわかるんだね。お父さんは特別だね。」みたいにいうんですが、僕に言わせると全然違〜〜う!


それが証拠に僕がもし手抜き抱っこしたら、あーちゃんは簡単にぐずるし泣き出します。


***


四魂で智が強い僕としては、すご〜くこだわりの抱っこをしているのです。


僕自身が子宮を持っているかのようにして、その中の羊水に浮かぶあーちゃんが、たぷたぷ浮かんでいるかのような動きをシミュレートしているとか、


僕自身の神経システムが穏やかなつながりモードにあるとか、


僕の意識が今ここであーちゃんに向いているとか、


それでも割と長時間いけるように、身体中の骨と筋肉、手の組み方などを工夫しているとか、


あーだとか、こーだとか、いろいろ僕の持ってる全てを注ぎ込んでるわけ。


***


その僕の全てを注ぎ込んでいる抱っこを、他の誰の抱っこより気持ちよさそうにしてくれるあーちゃんに、僕がとっても肯定されている。


まあ結局、赤ちゃんが神ってことですけど。。。

でもうれしいのよ〜、これが。




#GFL Generating a Field of Love #GFL的子育て #GFL抱っこ法 #子宮抱っこ法




閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕「おお、今は大切な人として扱われている気がする。」 桂子「そういうけれどさ、いつもそのつもりなんだよ。それなのになんか、奴隷のような扱いとか言われるとすごく心外なんだよね。」 みたいなところから始まった本日の対話。 ことの発端はこういうこと。 サポート&インターンの人が誰もいない時に、特に夕食後、ごく限られた時間の間にやることがたくさんあって、僕がそれを一手に引き受けてるわけなのです。 桂子さん