検索
  • 二子渉

めんどくさがる男性と、関係性を築いていくには

僕と 二子桂子ちゃんは、お互いの間で感じた気持ちを全て真実から分かち合う、ってことに挑戦しているのですが、よくあるご質問で、「男性はどうしたらそこに乗り気になってくれるのか」みたいな質問があります。 僕自身、自分のことをパートナーからあれこれ聞かれるのは、もともとはとても嫌でした。

それがどうして変わって来たのか、というと。

***

ここは、けいこちゃんの粘り強さに僕が救われたと思っています。 彼女には願いがあった。真実を分かち合い、深くつながっていくことへの願いが。

彼女は僕に常に常に、「どう感じているのか」と尋ね続けました。 これまでの人生で、そうやって踏み込んでくる関わり方にはろくなものがなかったので、僕はすごく嫌だったんです。表面的には嫌だったし、ほんとはこわかった。

ただけいこちゃんのかかわりが、それまで僕が経験してきたものと全く違ったのは、僕が答えたら、その答えを全力で受け止めようとしたこと。

つまり聞いた後に感情的な反応をぶつけたりせず、評価・ジャッジをしたりせず、ただ、「そうなんだ」と受け止めようとしてくれた。

そうしてはじめて、僕は自分が安全だと判断している一線を超えて、自分を開示できるようになっていったのでした。

だから、願いを持った方が関わり続けることなんだと今は理解しています。それは相手の魂を救い出すことになる。

そして同時に、相手の真実を受け止める覚悟が必要になるとも思います。

***

ここまで来てから世の中を見渡してみると、多くの人はそこまでやりきっていないうちに投げ出そうとしてしまう様子がよく見えます(僕なんかそれ以前の問題だったし)。

なかなか答えてくれないのに「どう感じているのか」と問い続けるのはとてもしんどいし、返ってくる真実に出会うのも時に痛みを伴う。

そうなんだけれど、これはほんとうにやる価値ありますよ。今パートナーがいたら、その人とやり始める価値があります。あなたが深くつながることを望んでいたらね。

最悪でも、この人とは望んでいる人生は得られない、ということがはっきりするし、最高ならもちろん、これまでに体験したことのない深い繋がりを築くことができるの。

(この辺の実践講座はまだないのですが、やれるといいな。メルマガ読者限定の個人セッションでは取り扱ってます。)

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

僕がホームを感じられた日

最近うちのパートナーシップがおもしろすぎて、書きたいことがたくさんあるんだけれど間に合わない〜。 今日も面白すぎて、ちょっとちょっと聞いて〜〜!って思って勢いで書いてます。 妻の桂子さん、突然別人へと変容する時があるんだけれど、今日もなんかきっと大きな転換点になりました。 今日の夕方くらいから僕は胃が痛くなってきたんですよ。 実は先週も風邪ひいたときに胃痛になって、よくなったと思ったら今日また胃痛

パートナーシップで気づくこと

昨日妻と話していて久しぶりにしみじみ思ったんだけど、僕はもともとは、精神的にはかなり病理深めの出身なんですよ。 妻はうんと健康で、完全に神経症水準だけれど、僕は人格障害水準、分裂病水準の大波を生き延びてきた。 今でこそそうじゃないけど、若い頃の友達には相当病んでる人がたくさんいた。そういう人たちじゃないと話が合わなかった。 なんというか、その初期の傷付きの深さのようなものについて、ふたりして「この

多様性の受容と、自分の歪み

夫婦・カップルの話を聞いていると、かなり根本的なところからして、物の見方や捉え方、生活習慣、人生で何が大切なのかということまで含めたさまざまな好みが違ってます。 これは実は近年よく言われる「多様性」の一例というか、最も身近な例の一つだなって思う。 うちはもうほんと、すごおおおおく違う。 リビングルームとは何か、家とは何か、ってところだけでも、お互いの話を聞いて「へえええええ!!!??」ってなりまく

 
  • Facebook
  • Twitter
  • LinkedIn

©2020 by GFL。Wix.com で作成されました。