検索
  • 二子渉

めんどくさがる男性と、関係性を築いていくには

更新日:8月27日

僕と 二子桂子ちゃんは、お互いの間で感じた気持ちを全て真実から分かち合う、ってことに挑戦しているのですが、よくあるご質問で、「男性はどうしたらそこに乗り気になってくれるのか」みたいな質問があります。 僕自身、自分のことをパートナーからあれこれ聞かれるのは、もともとはとても嫌でした。

それがどうして変わって来たのか、というと。

***

ここは、けいこちゃんの粘り強さに僕が救われたと思っています。 彼女には願いがあった。真実を分かち合い、深くつながっていくことへの願いが。

彼女は僕に常に常に、「どう感じているのか」と尋ね続けました。 これまでの人生で、そうやって踏み込んでくる関わり方にはろくなものがなかったので、僕はすごく嫌だったんです。表面的には嫌だったし、ほんとはこわかった。

ただけいこちゃんのかかわりが、それまで僕が経験してきたものと全く違ったのは、僕が答えたら、その答えを全力で受け止めようとしたこと。

つまり聞いた後に感情的な反応をぶつけたりせず、評価・ジャッジをしたりせず、ただ、「そうなんだ」と受け止めようとしてくれた。

そうしてはじめて、僕は自分が安全だと判断している一線を超えて、自分を開示できるようになっていったのでした。

だから、願いを持った方が関わり続けることなんだと今は理解しています。それは相手の魂を救い出すことになる。

そして同時に、相手の真実を受け止める覚悟が必要になるとも思います。

***

ここまで来てから世の中を見渡してみると、多くの人はそこまでやりきっていないうちに投げ出そうとしてしまう様子がよく見えます(僕なんかそれ以前の問題だったし)。

なかなか答えてくれないのに「どう感じているのか」と問い続けるのはとてもしんどいし、返ってくる真実に出会うのも時に痛みを伴う。

そうなんだけれど、これはほんとうにやる価値ありますよ。今パートナーがいたら、その人とやり始める価値があります。あなたが深くつながることを望んでいたらね。

最悪でも、この人とは望んでいる人生は得られない、ということがはっきりするし、最高ならもちろん、これまでに体験したことのない深い繋がりを築くことができるの。

(この辺の実践講座はまだないのですが、やれるといいな。メルマガ読者限定の個人セッションでは取り扱ってます。)

閲覧数:31回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「