検索
  • 二子渉

与えられた分だけで十分幸せに生きていけます、の病理

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。



明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。


0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「与えられた分だけで十分幸せに生きていけます」みたいになっていくパターンがあります。



「ですので、みなさんのご都合(ニーズ、願い)を優先していただいて結構です。」って。



そうして自分からは、何も欲さなくなっていく。あまりに得られない痛みが強かったため、欲しがることこそが危険だと思っちゃって、自分は何が欲しいのかに気づかないようなシステムが作られていく。



つまり、創造の第一歩を発動する力がおおきく損なわれてる。



なんてこった。なんてお気の毒な僕の赤ちゃん時代(笑)。


そんなわけで、すご〜く安心させてあげないことには、僕の中の「欲しがる」部分は心を開かないので、

ここ癒しつつ、なんども「何が欲しいの?それは絶対得ようね。」って自分に話しかけてるところ。



ちゃんと聞いたら少しずつでてくる。


しょうもないもの欲しがってても、それもちゃんと聞き届けていくところから。いや〜、手がかかるワタクシ。



これ読んで感じるものがあったそこのあなた。


あなたも願っていいし、欲しがっていい。そしてあなたはそれを与えられるべき、大切な存在なのです。

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

昨日の夕方、「明日はマスク洗ってよ」と僕が桂子さんに言ったのが始まりでした。 僕らはほとんど家で過ごしているので、マスクをつける時間はほとんどない。 僕もちょっとコンビニに買い物に行って店内にいる3分だけつけるとか、月に一回くらい飲食店に行って、お店に入ってから席に着くまでと、食べ終わってから会計してお店出るまでで合計3分だけつけるとか、そんな感じなのね。 なので、使い捨ての不織布のマスクを洗濯し