検索
  • 二子渉

「お父さんとお母さんが愛し合って」の中身

お父さんとお母さんが愛し合って君がやってきたんだよ。


っていうセリフがあるじゃないですか。


僕はこの意味を、これまであんまりわかっていなかったなって思います。

けっこうぼんやりと認識していた。


好き同士になったことで君がやってきたんだよ、だったり、体を重ねて愛し合ったことで君がやってきたんだよ、だったり、その時々でぼんやりとその意味を認識していました。


でもこの前、パキッとそれが変わった時があった。



***



僕らの間に子どもがやってくるために、僕ら二人が、そして僕らの一人一人が辿ってきた道は、まあほんとに長い長い物語だし、二人でほんとうのことを話しながら、それぞれが自分の内面にずーーっと取り組んできていまにたどり着いてる。


一緒になるまでからしてこころ折れそうになることが山ほどあったし、子どもを迎えられる精神状態になるまでもまた、山ほど課題があった。

僕について言えば、子どもがほしいという願いを明確に持ってから、それが叶わないかもしれないという痛みとともに7年くらいは過ごした。妻も、僕と一緒になるまでにたくさんたくさん、困難を超える必要があったし、彼女の長男の出産・子育てがトラウマ的なほどになっていたことにも取り組む必要もあった。


それをこれまでのところ全部なんとかしてたどり着いた。

いまそれを手に取って眺めると、二人してよくやったな、って思うわけ。


その長い長い取り組みの歴史が、愛の実践だった。



これが僕らの、「お父さんとお母さんが愛し合って」の中身だった。そんな意味だとはこれまで知らなかった。



***



子どもにいつの日か、「お父さんとお母さんが愛し合って、君がやってきたんだよ」って言う機会が来たら。


その時に、「お父さんとお母さんが、たましいかけて愛し合って、君のことをこころから望んで、君がやってきてくれたんだ」って、一点の曇りもなく告げることができるだろう。


それは本当によかったって思う。





2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「次のブッダはコミュニティの形をとってあらわれる」

たしかティク・ナット・ハン師が「次のブッダ はコミュニティの形を取って現れる」というようなことをおっしゃっていたと思うの。 最近それがとても実感されるんですよね。 僕はてっきりパートナーシップのことを熱心に伝えてきていたつもりだったのですが、実際にはコミュニティが出来上がってきている。 お互いがトラウマ反応からではなく、自分の良質な部分から関わり合う社会が、そういう文化圏が、僕の周りにはすでにけっ

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」

今日はけっこう嬉しいことがありまして。 ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。 でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。 ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままで