top of page
検索
  • 二子渉

ハートに従って生きる、の本当のところ

更新日:2023年5月29日

そうそう、ハートに従って生きる、というのは、感情にまかせて生きるというのとは全然違います。


この辺、これまでちょっと誤解を招きかねないいい方をしてる時があったな、と少し反省。


端的に言うと、ハートに従って生きるというのは、胸の中心に「僕はどうしたいのだろう」と尋ねて、確信めいたものが出てきたときにそれに従うこと。


そのとき感情はフラットか、または揺れていたとしても距離を置いて眺められている状態。


逆に、感情に従っていたら一貫性のある「自分の道」を進むのは、おそらく全然できません。


たとえば不安や嫌悪は自分の道を行くときにもでてくることがあるし、安心感は自分の道から逃げるときに出てくることもあります。


怒りは、その状況を変えて自分の道を進むための原動力にもなり得るけれど、その状況から距離を置いて自分の道に戻るべきというサインにもなり得えます。


だから感情そのものを、自分自身の進むべき道のりを示すものとして頼るのは得策ではない。


そうじゃなくてあくまで、胸の中心に「僕はどうしたいのだろう」と尋ねる。

そしたら、こっちだとか、これはちがうとか、どちらでもないとか、今はわからない、という答えが返ってくるわけです。


それを僕らの中心は、ただ知っている。


そこに、こころある道が示される。





閲覧数:278回0件のコメント

最新記事

すべて表示
記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page