top of page
検索
  • 二子渉

夫婦でお金についてどう語り合うか

世の中に出回っているパートナーシップとか、結婚とか婚活の本とか、ちょいちょい立ち読みしたり図書館で借りたりして眺めているのです。

そして紹介したいような本は、ほぼないので記事には書いてないんだけれど。いや僕の仕事的には書いたほうがいいのかなあ。。。ははは(笑ってごまかす)

この写真の本も特段紹介したいわけじゃないけど、今手元にある図書館の本。


まあでもこの左の本、「共働きのすごい対話術」っていう本はオンラインサロンで認定講師の牧瀬まいちゃんが語っていて、けっこういいなと僕も思いました。


わりとよく知られたビジネススキルたちを、共働きの夫婦のマネジメントに実際に応用して見せている。

この本の通りに実践できたら、間違い無くすごくいい。


本の中にオリジナルで深い内容は一切ないのですが(失礼)、アサーティブなコミュニケーションの方法とか、PDCAまわしていくとか、仕事の文脈で知ってトレーニングされている人はいっぱいいると思いますし、こうした効果の高いことを取り入れられるならいいに決まってる。


もしあなたのパートナーが仕事できるような人だったら、あなたが取り入れたらけっこういいことだらけじゃないかと思います。向こうの「得意」をうまく活かせるようになる。


***


さてここからが本題なんだけれど、それでも結局、パートナーシップがとても難しくなる部分(そして僕らが最も成長できる部分)は、このようにちゃっちゃと話して済むところではない。


そうじゃなくて、より無自覚な反応パターンだったり、無自覚な思い込み・前提だったりが影響する場面。

GFLではアーリートラウマといって、胎児期から6歳くらいの間に作られるパターンと捉えています。


これがパートナーみたいな親密な関係でこそ刺激される。

そして多くの場合、その傷が噛み合って、お互い刺激しあってすれ違うわけなのです。


お金をめぐる対話でもそのことは顕著に現れます。


無自覚に持っている自分に対する深い無価値観が影響したり、なんでも自分でできることがいいことだ(そうじゃなきゃダメだ)っていう前提を相手に押し付けたり、逆に相手の負担になることがすごく怖かったり、いろんな影響が出てくるわけです。


そのパターンをわかって対処できるだけでも、お金をめぐる対話は大きく前進したりします。



閲覧数:34回0件のコメント

最新記事

すべて表示

カップルセラピーに必要な転移/逆転移の理解

GFLに基づくカップルカウンセラーの養成を計画しているんですけれど、マニアックな心理セラピスト歴が長い僕としてはこれ考えるのがすごい楽しいんですよね。 で、考えているうちにいろんなことが湧いてきてアウトプットしたくなる。 今日はそういう投稿。 心理的な支援をするときに、アーリートラウマを扱う時は特になんだけれど、転移/逆転移についての理解や扱いがとても重要な鍵になります。 転移っていうのは狭義には

Comments


記事: Blog2_Post

【特別セミナー開催中!】

多くのカップルが結婚3年以内に、関係が悪化していくのはなぜか。
どこにもはっきり書かれていない、その本当の理由を知りたいと思いませんか。
そしてそれを踏まえたほんとうに効果のある関係づくりの鍵を手に入れませんか。
そういう重大情報満載のセミナーです。

特別セミナー

〜99%の人が知らない〜
【離婚寸前からでも愛を取り戻せる たった一つのポイント】
&GFL半年講座説明会


各回2000円で、眼から鱗の情報満載です
詳細はこちら https://resast.jp/page/consecutive_events/25262

bottom of page