検索
  • 二子渉

思い込みを書き換える3つの方法

更新日:8月27日

思い込みを書き換える、みたいなワークには3つのレベルがあります。




一つは大脳皮質的、言語的なレベルで書き換えたり手放したりする。

これで済むものも実はけっこうある。

「よく考えたらこれ、別にそこまで拘らなくてもいいものかも」みたいに変わる。




一つはもっと原始的な神経系、感情的なレベルで書き換えたり手放したりする。

小さい時の記憶にアクセスして感情解放する、みたいなワークはこれに相当します。

ある感情を感じることを、止めていたために手放せなくなっている思い込みというものがある、ということを意味しています。




一つはさらに原始的な神経系にアクセスする必要のあるもの。

その場合はもっと身体的なアプローチが必要になります。

心理的なサポートをする人たちには、ここの部分はまだ十分知られていない分野だと僕は思っているんだけれど、このレベルの「問題」が現実を創ることにとても直接影響している。



閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「