検索
  • 二子渉

思い込みを書き換える3つの方法

思い込みを書き換える、みたいなワークには3つのレベルがあります。




一つは大脳皮質的、言語的なレベルで書き換えたり手放したりする。

これで済むものも実はけっこうある。

「よく考えたらこれ、別にそこまで拘らなくてもいいものかも」みたいに変わる。




一つはもっと原始的な神経系、感情的なレベルで書き換えたり手放したりする。

小さい時の記憶にアクセスして感情解放する、みたいなワークはこれに相当します。

ある感情を感じることを、止めていたために手放せなくなっている思い込みというものがある、ということを意味しています。




一つはさらに原始的な神経系にアクセスする必要のあるもの。

その場合はもっと身体的なアプローチが必要になります。

心理的なサポートをする人たちには、ここの部分はまだ十分知られていない分野だと僕は思っているんだけれど、このレベルの「問題」が現実を創ることにとても直接影響している。




#GFL Generating a Field of Love #アーリートラウマ

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「次のブッダはコミュニティの形をとってあらわれる」

たしかティク・ナット・ハン師が「次のブッダ はコミュニティの形を取って現れる」というようなことをおっしゃっていたと思うの。 最近それがとても実感されるんですよね。 僕はてっきりパートナーシップのことを熱心に伝えてきていたつもりだったのですが、実際にはコミュニティが出来上がってきている。 お互いがトラウマ反応からではなく、自分の良質な部分から関わり合う社会が、そういう文化圏が、僕の周りにはすでにけっ

「合う人と一緒に幸せになるのは今や当たり前。その先へ。」

今日はけっこう嬉しいことがありまして。 ただ暖かいつながりを感じるなら、たぶんここじゃなくてもいくらでもある。 でも、身近に生きていく「この人」と、そういうつながりを創り続けるのがむずかしくておもしろいところ。そしてそこがGFLの真髄部分なわけ。 ヴィジョンに共鳴して集った人とうまくいくのは、もうわかってる。気のおけない仲間とあたたかく繋がれるのは、もうわかってる。自立した人たちの中で、そのままで