検索
  • 二子渉

本音 の廃止

更新日:8月27日

パートナーシップの相談で、「本音」はどうなのか、ということが語られる機会がわりとあります。



「パートナーは本音では、こう感じていると思う」みたいなことだったり、「本音では私はこうおもっています。」だったり。



ただね、本音って書くとほんとの気持ちみたいだけれど、そうじゃないところに落とし穴がある。その落とし穴にはかなりの人が落ちる。



本音って、実際の日本語運用的には隠されていた感情という程度の意味合いだと思うんですよね。


隠されていただけで、反応的で防衛的で表面的なものである場合も多いから、それを真実の気持ちみたいに捉えたら本質を見誤ってしまう。



***



人間関係でほんとうに重要なのは、防衛的な子どもの反応的な感情ではなく、成熟した大人がハートで感じている真実の感情。



後者が語られるとき、人間関係の断絶に橋がかかる。



なのでGFLでは「本音」っていう用語は意識して使わないようにしています。



あくまで、防衛的な子どもの意識から来ているのか、成熟した大人の意識から来ているのか。



反応的な感情なのか、ハートの真ん中で感じている感情なのか。



そのことへの感度を上げていくトレーニングをするのでした。





閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「(経済的に)自立していないと自分の意見を言えないじゃないですか」っていうようなセリフをよく聞くわけです。パートナーシップの相談に乗っていると。 あるいは、「結婚して例えば子どもを迎える時に自分が仕事を休むか辞めるかすると、対等じゃなくなるじゃないですか、そしたら自由がなくなりますよね」とか。「だから私は結婚はしたくないんです。」 あるいはパートナーとの関係じゃなくて、親から経済的に援助されている

先日、僕は「願う」「望む」「欲しがる」といった創造の第一歩を、どんだけサボってきたのか、ってことを書いたんですが、これ、うっかりサボってたのかと思いきや違った。 明らかに乳児期のトラウマの影響でした。教科書的な例だ。しまった。 0歳の頃に、自分は求めても与えられない、というのを大きな痛みとともに神経細胞レベルで強烈に学習してしまった人は、「自分は最小限で間に合わせることにおいては自信があります」「