top of page
検索
  • 二子渉

パートナーとの関係でどうしたらいいかわからない心細さを抱えていたら

うちのマスター桂子が最近強調することがあって。



それはGFLを学ぶと、パートナーシップについて「どうしたらいいかわからない」ということがなくなる、ということ。


「わたしはそれがなくなったことで、すごく楽になったし、生き方に確信が持てるようになった。」って。



つい何年か前まで桂子さんは、精神的な自立は弱くて、自分で決断し、結果を引き受ける、みたいなことはからっきしできない人だったのです。


それで外部の人に「どうしたらいいですか?」って聞かずにはいられなかった。


セラピストだったり、サイキックなリーディングの能力者だったりにね。



パートナーシップは願いも強く現れる分、痛みもとりわけ強く現れる分野。


占い師の友人たちが口を揃えて、ほとんどが恋愛の相談だというし、婚外恋愛の相談の割合もすごく高いっていう。


いや〜、わかる。わかるっていうか、ありありと想像できる。



それだけ大きな願いを持っているんだもの。みんな。




話を戻しまして、GFLを学ぶことで、パートナーシップについて「どうしたらいいのかわからない」ということはなくなっていきます。



どうしたらいいかは、自分でわかるようになる。


わかったからと言ってすぐに簡単にできるわけでもないけれど、道が見えない恐ろしさや心細さはなくなる。


そうなったら、その道を歩くだけ。



歩いてたらまたいろんな防衛反応が出て、道からはずれたりするんだけれど、学んでいくほど信頼できる仲間ができてくるので、また元の道に復帰するのも楽で早くなる。

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page