top of page
検索
  • 二子渉

誰かが誰かを悪くいうのを聞く時 どう聞いたらいいのか

これ僕がずっと探求しているテーマの一つ。

誰かが誰かを悪くいうのを聞く時、どう聞いたらいいのか。

とくに両方自分のよく知っている人だったり、同じコミュニティ(組織や地域や学びなど)に所属している人だったりの時に、ここをしくじることでいろんな関係性がおかしくなっていきます。

そういう例をたくさん見てきました。

なのであなたの愛する人たちのために、是非参考にしてください。


***


一つすごく重要なのは、AさんがBさんについて話していたら、その情報はBさんについてのものでは無い、と認識すること。その捉え方を共通認識にしていくこと。

極端な悪口を言ってたり、極端に崇拝するようなことを言っていたら「なんか変だぞ」と気付くかもしれませんが、そうでなくても「あらゆる話」をそのまま受け取らないということが役立ちます。


***


なぜなら僕らはほとんど常時、転移と投影からなる「自分劇場」の中にいて、その防衛的な子どもの観点から相手を見ている(相手に投影している)からです。

AさんがBさんについて語る時、それはBさんについての情報ではなく、あくまでAさんについての情報です。Aさんの自分劇場についての情報。

どうしても本当のことを知る必要がある場合のみ、Bさんに自分で確認してみたらいい。 それでAさんの話と一致するかもしれないししないかもしれない。

この確認を怠ることで、投影の連鎖が起こり、集団催眠状態が強化され、複数人の関係性が不本意に破壊されていくことになります。

古代の叡智の中にも「うわさばなしをしない」という戒めを持つものもありますが、同じような観点だと僕は思っています。


***


僕らがGFLという体系の中でこうしたこともトレーニングしています。

「常にできてる」ってわけじゃないけどね。

投影の世界を自分のものと自覚して、そこから抜け出し真実の世界に立とうと努めているし、お互いがそうできるように支え合おうと努めている。

その意図を持ち続け、方法に則って実践していく限り、世界はより安全なものになっていくはずです。

あなたの愛する人たちのために、是非参考にしてください。



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人を操るにはどうしたらいいか。 裏返すなら操られることから自衛するにはどうしたらいいか。 どう思いますか? これってわりとシンプルなことです。 *** 人が外から「操られる」ときって、思い込みの自分劇場の中にいる時です。 GFLでは、アーリートラウマが刺激されている時と捉えています。 その時僕らは、型にはまった理解と行動に追いやられるから。 発達初期のトラウマ反応は、世界の理解を幼児期並みに浅いも

記事: Blog2_Post
bottom of page